SpeaKing Biz 学習メソッド

こんなことありませんか?

急に英語で話しかけられた時に、断片的な英単語が思い浮かぶだけで、 とっさに英語の“語順”で言いたいことを組み立てられない。 その後ゆっくり考えると「ああ言えば良かったのに」と後悔してしまう。

日本語と英語の文の構造に大きな違い

とっさに英語で答えられないのは、日本語と英語の文の構造の違いが原因です。 日本人の英語学習者は、ほぼ全てこの語順の違いで戸惑ってしまうのです。 実は海外の日本語学習者も同様に日本語の語順の違いに躓いています。 SpeaKing Bizでは、とにかく英文の構造を作ることに徹底的に慣れるために、 英文の構築を繰り返すことで脳に染み込ませるアプローチを取っています。

アプローチ

文の核となる動詞を軸に語順を覚える

レッスン毎に課題の動詞が設定されており、その動詞を軸に文の変形や組み合わせを学びます。 make, get, go, give, putなど英語の基本動詞は10程度で500以上の表現が可能とされています。 SpeaKing Bizでは100個以上の動詞を軸に、実際にネイティブが使う表現を学習します。

節の構築と組み合わせ方を覚える

一つの動詞で、基本形、時制、動名詞、不定詞、形容使節、副詞節、名詞節と文を作り直すことで、 文の作り方をマスターします。 さらに動詞の組み合わせや、難易度変更などで記憶するまで反復して学習することが出来ます。

ビジネス上の表現を口と耳で覚える

SpeaKing Bizでは現場で使えるビジネス表現にフォーカスして英文を作成します。 英語教材は「いつ使うんだ」という表現が多くありますが、SpeaKing Bizの例文は外資コンサル勤務者、MBAホルダーが監修して実際に現場で使われる活きた英文を紹介します。

ひたすら繰り返し脳に染み込ませる

例文表示から英文の発声までの制限時間を無制限・7秒・3秒と設定することが可能です。 一つの動詞を繰り返し発声することで脳に染み込ませると同時に、瞬発的に英文を構築することが 出来るようになります。

ゲーム感覚で楽しむ

単調なコースを繰り返し進めていくのではなく、レベル設定や難易度設定など、 自分に合った学習が可能です。また学習の達成度を測るための進捗度評価やクリアバッヂなど、 楽しく続けられる要素も盛り込んでいます。

学習画面紹介